リレ絵板って?

リレ絵板は、1つのテーマに対しコミュニティ内の一人ひとりが絵のピースを加え、ひとつの作品として絵を完成させるプロジェクトです。

 

「絵」を「リレー」することから、この名前が生まれました。

 

2011年3月11日に発生した東日本大震災に対し、

私たちに何か出来ることはないだろうか?

 

そんな想いから、私たち慶應義塾大学SFCの学生は動き出しました。

 

 

「心の傷を癒したい」

 

 

そう考えた私たちは、人がこころをまあるくし、笑顔で生きて行くために、いつも誰かの存在を感じていることが出来ないかと考え、リレー絵板を考案しました。

 

現在、いくつかのコミュニティで実践を繰り返し、

新たな実践場所を探しながら活動を続けています。

 

あなたも、リレ絵板を使ってみませんか?

 

 

→ 諏訪正樹研究室プロジェクト一覧

What's New

2012.4.19 HP設立