私たちの想い

日常に溶け込むプロジェクト。

震災から1年1ヶ月、被災地において、生活基盤となる「場所」は再構築されつつあります。これからは、その場所に生活を豊かにする「場」をどう築くかが火急の問題です。

 

多くの被災者は、震災によってコミュニティを失い、自分の居場所に迷い、孤独と不安に苛まれながら癒えない傷を心に負っています。それらに対し、多くのイベントや施策が行われて来ましたが、そのほとんどが一時的なつながりの形成に終わっています。

 

被災者の心の傷を癒すためには、日常に溶け込んだ形でつながりを実感出来る仕組みが必要なのではないでしょうか?

 

 

私たちはその仕組みを、リレ絵板として用意しました。


隠れたつながり

最近、自分のことを誰かに話す機会はありましたか?

 

身近な人の思いを聞く機会はありましたか?

 

 

リレ絵板は、あなたと周りの人たちと見えていなかったつながりを意識するきっかけを与えるプロジェクトです。

バトンをつなぐように、一人ひとりが絵を加えていくことで、ひとつの作品を完成させます。

 

 

What's New

2012.4.19 HP設立